2008年02月14日

一周忌とお誕生日と‥「それぞれの一年‥ゆず編」

本日の記事2つになります‥この次「すだち編」もよかったら読んでやってくださいね

週末の旅行を楽しんだ後、娘ハラ壊すは、ダンナ扁桃腺腫らして寝込むは‥介護係のはらゆずです。
はらゆず?うん、大丈夫!元気百倍、帰宅後からたまった仕事を片付けてますよ。
って、まだ片付けきってないのだがな‥‥ま、いいや。

ところで、この2月はすだち家にとって大イベント(といっていいのか?)が2つあります。
ひとつは、前わんこ柚子(ゆず)の命日 もひとつはす立花(すだち)の誕生日。

昨年2/10土曜日に、ゆずは私たちより一足お先に虹の橋へと向かいました。
ゆずを亡くしたこの一年が短かったか長かったかと問われれば、間違いなく「長かった」と思います。
次の子すだちがやって来たけれど(逆にこっちは短かった1年だと感じるの)、もちろんすだちの成長を見ること、共に生きることは私たちを格別な喜びで包んでくれるんだけれど、だからといってこれが「ゆずを亡くしたこと」を癒してくれるものでもないんですよ。全くの別もの。不思議なんだけどね。
うまく説明できないけれど、1年前の哀しくてどうしようもなく辛い感情は薄れもしないし、ましてや消えもしない。
これと上手く付き合っていかなきゃならなかった(時にはどうしようもなく抑えられない日もあったし)1年は、どうしようもなく長かった‥。

ここから書くことは、あくまではらゆずの個人的意見です。
そういったスタンスで軽〜ぅく読み流してください。


柚子(ゆず)7歳の時の画像です。私たちの大事な大事な長女です。
yuzu.JPG

草津温泉にて‥
最後の旅行での笑顔です、彼女には本当にたくさんのプレゼントをもらいました

続きを読む‥長いぞぉ‥おまけにつらい記述もあるのでご注意ください
posted by はらゆず at 15:23| ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。