2008年06月30日

大事な大事なお友達…「どうしようもなく辛い日」

先日、ゆず・すだち共に大好きだった、大事な大事なお友達だった、すだちちもはらゆずもたまらないほど愛していたお友達わんこが亡くなった…。

まだ5歳…信じられないよ…なんで?……

つい先日まで「いつも通り」の毎日だったのに…お散歩で会うとすだちは甘えまくっていたのに…
すだちの散歩デビューの時、一番最初にとてもやさしくしてくれた大きなわんこでした。
犬ってふしぎね…小さい時のことはずっとずっと覚えている。
あれから1年以上経つけれど、会うたびすだちはお口の周りをペロリンペロリン…
すごい勢いでね…

お母さんと思っていたのかしら?
それとも、自分を守ってくれるやさしい先輩とわかっていたのかしら?

ご冥福をお祈りします。
そして、すだちはもちろん、すだちち・はらゆずをいつも優しい笑顔とユーモアで包んでくれるママさん、どうか…どうか…あぁ、言葉がみつからない。
ごめんなさい、常識ない頭悪いはらゆずで。
なんて言っていいのかわかんない…


こんな日は…泣くしかできない
posted by はらゆず at 23:47| ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | わんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・なんと言っていいか・・・
ショックですね。
突然だったようだけど、事故?病気?
いずれにしても、いつもそばにいた子がいない・・・
その辛さは胸が締め付けられる思いだね、きっと・・・
寂しさや辛さは時間がたたないと癒えないけれど、
はらゆずさん、すだちち、どうかその子のママさんパパさんの支えになってあげてください。
ゆずちゃんには会えたかな?
虹の橋で袂でふたりで遊んでいるかな?
心よりご冥福をお祈りいたします。

Posted by うららママ at 2008年07月01日 14:03
うららママさんへ

急性の病気でした…。
ゆずもたぶん橋の袂でお迎えしてたと思う。
このコのお兄さんや、他のお友達と一緒にね。
飼い主さんのお気持ちを考えると、何も言葉にならないすだち家です。
Posted by はらゆず at 2008年07月02日 09:14
あらら〜

そうだったんですかぁ・・・

うららちゃんの日記におふざけモードでコメントした勢いでこっちでもカキコしようと思って来てみたんですけどね。

5歳はまだ早いですねぇ。我が家も犬のおかげで兄弟犬の飼い主さん、近所の散歩仲間やブログ友達までお付き合いがひろがってきました。いつかはその犬達も天国にいくんでしょうが、でもその犬達がいなければおそらく声をかけあうような関係にならなかったわけだから、結局、犬達が結びつけてくれた縁を大事にしたいですね。

すだっちゃんの大切なワンコのご冥福を心からお祈りします。






ところで、デジイチ、飽きたら下さいな。


Posted by あのおぢさん at 2008年07月02日 13:39
あのおぢさんえ

やぁ〜だっ!(笑 飽きないし…(笑
おぢさんもこんどずしにぜひあそびにきてください。
でんしゃのもけいもたのしいとおもいますが「でぢいち」も、もっとたのしいとおもいます。
なつやすみのじゆうけんきゅうにもやくだつとおもいました。
Posted by はらゆず at 2008年07月02日 14:18
まろんはもうすぐ4歳なんですけど、突然いなくなってしまったらと思うと、胸が張り裂けそうになります。
どれだけ悲しい思いをされているかと思うと、本当に言葉もありません。

でも私は軽井沢で聞いたはらゆずさんの、悲しみが癒されることはないけど、飼わなければよかったとは思わない。って言葉が本当に身に沁みています。この言葉で、たぶん私は悶絶しながらもきっと前を向けると思ってます。

お友達のわんちゃんが天国でも幸せに過ごしていますように、心からお祈りします。
Posted by asako at 2008年07月02日 17:54
asakoさん

今回のことはあまりに突然すぎて…。
ゆずもすだちも一緒に遊んでいたお友達なだけに、前わんこも知っているだけに、一緒に歴史を刻んだお友達なだけに…。
本当に悲しい時は言葉もなにも出てきませんね。
虹の橋には前わんこや他のお友達とともに、ゆずも待っていると思います。

改めて「今」を大事にしなければと思った出来事です。

Posted by はらゆず at 2008年07月03日 08:32
淋しいですねー。ウチはヤマトが来る前に大型のオウムを病気で亡くし
ペットロスを経験しているのであの辛さを思うと人事ながら泣けてしまいます。
自分達は平気だと思っていたのに何と立ち直るまで4ヶ月近くもかかちゃいましたー。
犬のようにベタベタに慣れてた子なので未だに思い出します。
色々と可哀想な経験をした子だったので晩年の16年をのんびり我が家で
自由に過ごせた事、出会えた事は本当に良かったと思っています。
Posted by かぁちゃん at 2008年07月03日 14:03
かぁちゃんさん

かぁちゃんさんのブログを見て初めて、オウムって長生きなのね…と知りました。
あわせて、寿命が長いからこそいろいろな経緯もあるのだな…と。考えたこともなかった。
パオも最期をかぁちゃんさんのところで迎えられ、とても幸せだったに違いありません。
ヨムのお話を読むといつも笑ってしまいます…まるで人のようで。
どんな種類の動物であっても「家族」をなくすことは同じですもんね。
病気で我が仔を失くすと立ち直るまでに時間かかる…うちもそう。
やっと最近少しずつ、ゆずの話を思い出として考えられるようになってきました。

Posted by はらゆず at 2008年07月04日 08:05
5歳の若さで、突然のご病気では気持ちの整理や切り替えに時間が必要かもしれませんね。
飼い主さんがご自身を責めていなければいいのですが。
ふとした時に、悲しくて寂しくて会いたくなって
どうしようもなくなる時ってあるんですよね。
泣いていいと思います。
ゆずちゃん達のわんこも一緒なら大丈夫。
そしていつか私達とも必ず会えるから!!
うちのビビ&モモにも会えたらよろしくお願いします。


Posted by メイプル at 2008年07月04日 11:29
あらま・・・。急に亡くなっちゃったんですね。。
せつないね〜。すだちちゃんに優しくしてくれた大切なお友達だったのですね。
ほんとに、、いつかは・・・とわかっていても急に、ね。。
心積もりをする間もなく、というのも本当に怖いです。
すだちちゃんがお友達のお口にペロリンペロリンするのはちゃんと先輩、というのがわかっているんですよね。狼の群れのボスに従う側は口元をペロペロするそうです。
すーちゃん賢いね。
そんな大切なお友達がいなくなっちゃったのはきっとすだちちゃんにもわかるでしょう。
はらゆずさんやちちさまの心も読めますし。会えなくなったのもわかるでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。飼い主さんのお気持ちをお察しするといたたまれません。。
でも大切に大切に愛情をもらい過ごしてきたのでしょうね。今でも幸せだったよ、、と言ってるでしょうね。
Posted by アー君のママ at 2008年07月05日 17:29
メイプルさん

リンパ系の病気だったのですが、これ血液検査ではなかなか出てこないそうです。
検査結果に数値として現れる時には、他にも顕著な症状が出てきてしまう頃…。
人一倍わんこの生活や変化には気をつけている飼い主さんだったので、なぜあのコが…というショックもとても大きいです。
今が一番どうしようもなくお辛い時だと思います。
私たちにも経験があるだけに、お気持ちはいたいほど分かります。
飼い主ご家族が一日も早く元気な日常を迎えられるように…そしてわんこの冥福を毎日祈っています。
Posted by はらゆず at 2008年07月06日 08:38
アー君ママさん

すだちはペロンペロン魔です(笑
ムサシコジロウはもちろんのこと(すだちにとって一番の大将ですからね)小さい時に可愛がってもらった大型犬のほとんどペロンします(笑
まるで母犬や父犬のように甘えまくります…大きくなった今もね。
ある程度成長してから会ったコとか、立場が「友達」なコにはしません(笑

いつかは…は考えるのですが、まさか今?突然?というショックはどうしようもなく大きいです。
本当に幸せに暮らしていたワンコなので「どうしてこの子が…」という不条理というか偶然というか運命というか…耐えられません。
今は一日も早く飼い主ご家族が平穏な日々を取り戻されるよう、そして何よりわんこの冥福を祈る毎日です。


Posted by はらゆず at 2008年07月06日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101899359

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。