2007年04月02日

ブログを始めたわけ‥「私は犬を2匹飼っている」

ブログのタイトルは「ゆず」と「すだち」である。
どう読んでも「2匹のW・コーギーと暮らすわたし」であるわけだ。
多頭飼いの毎日の幸せやらどたばたやら、あはは・うふふの楽しいブログと思われることでしょう。

で、現状‥‥
 「現在うちには、犬はいない」である。


「んじゃぁ、そのゆずとすだちっつうのはなに?」つうことであるが‥


「ゆず」は、つい先日2月10日に7歳8ヶ月で亡くなったうちの「長女」。
「犬癲癇(てんかん)」を持っていた。 最期の発作が大きすぎて力尽きてしまった‥‥
現在ゆずは「お骨」というちぃちゃな姿になって、一番好きだった場所に鎮座していらっしゃる。
この「犬癲癇」については、後日少しずつ話していこうと思ってる。
完治することのない、この病気の詳細を知らない人も多いと思う。
一生上手に付き合っていかなくてはならないのだけれど、
いざ発作となると、犬はもちろん飼い主にとっても実に心痛い症状を目の当たりにすることになる。
この病気や、生前のゆずの状況については、今語るにはまだまだ心が痛い。
今後、冷静に伝えることができるようになれば、少しずつお話したいと思っている。


んで「すだち」だ。
この仔は現在生まれて45日目のうちの「次女」。
現在ブリーダーさんのところですくすくと育っている。親兄弟とぬくぬくとやっている。
うちにやってくるのは4月21日予定。


目の中入れたり出したりしながら可愛がっていた亡き犬の思い出と、
その死がきっかけで、また新たに始まる仔犬の育児や成長過程を残していこうという、ま、よくある趣旨のブログですわ。


3月31日がゆずの49日法要だった。
昨日4月1日からブログを始めたかったのはこういうわけです。
ブログを始めることで、少しずつ自分の悲しみや苦しみを整理できたらなぁ‥
つう感じで思い立った、個人感情垂れ流し的な綴りになると思います‥うん、絶対な。


しかしなぁ‥いるはずの子がいないつうのは、実に悲しくてむなしいことよのぉ‥


 ゆず7歳‥元気な日の大笑い

IMG_0093.JPG

         
posted by はらゆず at 09:56| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ueです!
こんな雨の日には、
やっぱりゆずちゃんのことを想ってしまいます。
でも、ゆずちゃんのこの笑顔にまた会えて嬉しい♪
ほんっとに最高にいいお顔してますよね(^^)
Posted by ue at 2007年04月03日 12:37
これはこれはueさんいらっさい!
うん、雨が降るといまだに泣くね。つらいね。
そろそろすだちに移行しなきゃならないんだけど、なんにも手が付いてない(笑
ちょっとずつ頑張ります‥あ、仕事もね。
Posted by はらゆず at 2007年04月03日 13:21
はじめまして。
コーギーなのだ(まろんちゃん)から辿ってきました。

ゆずちゃん、大変だったみたいですね。
でも、優しいはらゆずさんの所で、とっても幸せだったと思います。

ゆずちゃんの記事、すだちちゃんの記事楽しみにしています。
すみません、コメント入れずにいられなくて。
Posted by うららパパ at 2007年04月03日 23:40
うららパパさん

お越しいただいて光栄です!ありがとうございます。
実は私もまろんちゃんのところで、うららちゃんの写真を見たんですよ。
左15度に傾げた仕草を見て、夫婦揃って「可愛いっ!たまらん!!」と言っていたのが昨日の朝。
ゆずちちは「首を傾けて笑うコギ」に異常に狂喜乱舞する人なんです(苦笑)

ゆずは、はたしてうちの子で幸せだったんだろうか?ゆずにとって私達は愛すべき飼い主だったんだろうか?これはゆずが亡くなってからずっと考えていることです。
でも、こうやってすだちを迎えるご縁を頂いて「あぁ、ゆずはうちに帰ってきたいんだなぁ」と思うようになりました。
勝手な思い込みですけどね‥‥。
ゆず以上に、すだちを愛で包んで大事に育てて行こうと思います。
今後とも宜しくお願いします。


Posted by at 2007年04月04日 07:50
はじめまして。

たいせつなゆずちゃん、残念でしたね。
悲しみは、いかばかりかと、お察しします。

うちの子もつい先日初めて、発作を起こしました。
22歳になるまで元気な子だったのに。

こんどいつ発作が・・・
見守るしかないのか・・・
どんな状態でも、生きていてくれたら・・・
でも、年なんだからいつまでも苦しむのは・・・

さまざまな思いが頭を巡ります。

どうぞ、悲しみをこらえすぎないで思いっきりゆずちゃんのことで泣いてあげてくださいね。


Posted by しろりんママ at 2007年11月09日 14:37
しろりんママさん

お立ち寄り頂きましてありがとうございます。
22歳での初発作(わんちゃんでしょうか?ねこちゃんでしょうか?)
お辛いでしょうね‥‥。
いつ次の発作が来るのか、次の発作の程度はどうか‥毎日の心配お察しします。
今私がお伝えできるのは、しろりんママさんご自身どうぞお気持ちをできる限り楽にして、我が子に心配なそぶりを見せぬ‥というのが、ペットにとって一番の妙薬だと思います。
そしてできる限りかかりつけの獣医さんと連絡を充に取り、発作を抑えてあげることだと思われます。
薬の選択が発作を抑えるのには大切ですからね。
といいながら、発作を見ると誰もが落ち着いてなんかいられませんよね。
はらゆずが何かお手伝いできることがあれば(難しいけど)いつでもコメントください。
私にとっても、同じ病気を持つ飼い主さんの言葉がとても心強かったから。

Posted by はらゆず at 2007年11月10日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。